検査概要

水質検査

弊社では公衆浴場、福祉施設、宿泊施設などの浴槽の水質検査を中心に行っております。
特にレジオネラ属菌は、健康な成人の場合には感染しないこともありますが、高齢者や乳幼児の場合には、死亡例も報告されている大変注意が必要な細菌です。浴槽水の場合には、検出されないことと定められていますので定期的な検査が求められております。

公衆浴場における基準値

検査項目 基準値
原水・原湯・上がり湯用・上がり用水 浴槽水
色度 5度以下
濁度 2度以下 5度以下
水素イオン濃度(pH) 5.8以上~8.6以下
過マンガン酸カリウム消費量 10mg/L以下 25mg/L以下
大腸菌群 50mL中に検出されないこと 1個以下/mL
レジオネラ属菌 検出されないこと(10CFU/100mL以下)

※参考資料:公衆浴場における衛生等管理要領等の改正について(厚生労働省)

レジオネラ属菌とは

 

検査セット

浴槽水セット(3項目) 濁度・過マンガン酸カリウム消費量・大腸菌群
浴槽水セット(5項目) 色度・濁度・水素イオン濃度(pH)・過マンガン酸カリウム消費量・大腸菌群
レジオネラ属菌 ※上記セットと併せてご実施を推奨しております。

<その他の検査>
その他にもプール水、飲料水、工場排水、その他検査項目の水質検査も承ります。詳細は弊社までお問い合わせください。

検査手順

1
申込書の記入・提出
水質検査申込書を当ホームページよりダウンロード後、
必要事項をご記入頂き、担当営業所までFAX又はメールでお送り下さい。
申込書ダウンロードはこちらへ

2

検査容器等の資材発送
検査容器等の資材一式をお送りします。
※ご到着の目安は水質検査申込書受領後、4~5営業日頂きます。

3

検体回収・発送
お客様にてスケジュールを組み、検体を採取・回収して下さい。
弊社からお送りした検体返送用資材に検体を入れてお送り下さい。
採取前は手をよく洗い採取容器の蓋内側には触れないよう検体を
採取して、蓋が閉まっていることを確認して下さい。

4

随時検体検査
検体が弊社に到着後、随時検査に入ります。
結果が判定されるまでの期間については検査項目毎に異なります。

5

検査成績書発行
結果判定後、検査成績書を発行、原本のご郵送をします。
※万が一、異常があった場合は取り急ぎお電話でご連絡します。