検査概要

落下菌検査

落下菌検査とは一定時間開放した一定面積の寒天平板上に空中浮遊微生物を自然に落下させ、培養後発育した集落を測定し、汚染の度合いを確認する検査です。
汚染が高い場合は、衛生対策をたて改善する必要があります。評価基準は衛生規範の基準や衛生試験法・注解の基準に設定されています。

検査手順

1
申込書の記入・提出
落下菌検査申込書を当ホームページよりダウンロード後、
必要事項をご記入頂き、担当営業所までFAX又はメールでお送り下さい。
申込書ダウンロードはこちらへ

2

検査容器等の資材発送
検査容器等の資材一式(シャーレ等)をお送りします。
※シャーレは割れやすいので取り扱いにはご注意ください。
※ご到着の目安は拭き取り検査申込書受領後、4~5営業日頂きます。

3

検体回収・発送
お客様にてスケジュールを組み、検体を採取・回収して下さい。
弊社からお送りした検体返送用資材に検体を入れてお送り下さい。

4

随時検体検査
検体が弊社に到着後、随時検査に入ります。
結果が判定されるまでの期間については検査項目毎に異なります。

5

検査成績書発行
結果判定後、検査成績書を発行、原本のご郵送をします。
※万が一、異常があった場合は取り急ぎお電話でご連絡します。