カンピロバクター

 カンピロバクターとは

古くからウシやヒツジなどの家畜で流産や腸炎を起こす菌として注目されていましたが、1970年代に入りヒトにも腸炎を起こすことが判明し、我が国においても1982年には食品衛生法で厚生省に報告する食中毒事件票の「病因物質の種別」の中に加えられ、食中毒起因菌として指定されました。カンピロバクター属の内で、ヒトに腸炎を起こす菌種としてカンピロバクター・ジェジュニとカンピロバクター・コリが知られていますが、実際に検出されるのはほとんどカンピロバクター・ジェジュニです。
本菌の形態は、彎曲した螺旋 ( らせん ) 状構造を示しています。
カンピロバクター ( campylobacter ) の語源は、キリシャ語の "campylo" ( カーブしたという意味の形容詞 ) と "bacter" ( 棍棒の意味の名詞 ) に由来しています。
微好気象といって、酸素が少しある環境を好み、酸素が十分にある通常の大気や逆に酸素が全くない環境では増殖できません。
また発育 ( 増殖できる温度域 ) は31-47℃です。

 症状

ヒトのカンピロバクター感染症では、発熱、腹痛、下痢、血便を伴う腸炎症状がみられ、治療をすれば2-5日で回復することが多いのですが、時に症状が長引く場合もあります。また、まれに虫垂炎や腹膜炎等の下痢症以外の症状がみられることもあります。菌が体内に侵入してから発症するまでの潜伏期間が比較的長く、一般に2-7日間かかるのも特徴です。

 感染経路

下痢等の症状があるか、もしくは一見健康そうな家畜 ( 牛、豚、鶏 )、あるいはペット ( 犬、猫 ) などの腸管内にもカンピロバクターは存在し、これらの動物の排泄物により、汚染された食品や水を介して人に感染します。また、比較的少ない菌量 ( 100個程度 ) で感染が成立することから、小児ではペットやヒトとの接触によって直接感染することもあります。鶏肉などの肉類は本菌により汚染されている可能性も高く、そのため、これらの食品はカンピロバクター食中毒の主要な原因食品にもなっています。また、この菌は低温に強く4℃でも長期間生存しますので、一般の細菌と同様に、または、それ以上に冷蔵庫の過信は禁物です。

 予防法

  • 生また生に近い状態の食肉を食べない。
  • 加熱調理して食べる。(60℃・1分間程度で死滅)
  • 二次汚染がないようにする。
付着していた菌が調理器具や手指を介して他の食品に付着して、汚染をおこさないようにする。
調理器具:70℃以上の湯をかける作業を行うこと、乾燥に弱いので日光に当てて乾かす。
手  指:液体石鹸での2度洗いを丁寧にすれば手指に付いている菌 ( カンピロバクタ以外の菌を含めて ) を1000分の1以下まで減らすことができるという実験結果が得られています。

 検査方法

  • プレストン培地増菌法