クロストリジウム属菌


 菌の特徴

土壌などの自然界、ヒトや動物の腸管にも多く存在していることから食品が汚染される機会が多くなる。また、蛋白質や糖分解などの品質劣化作用の強い菌として知られている。これらは芽胞を形成する菌群でもあり、加熱や乾燥などに強い抵抗性を示す。

 検査対象食品

食品衛生法の微生物規格基準の検査対象食品は、食肉製品(特定加熱食肉製品・加熱食肉製品(包装後加熱殺菌))です。

 所要日数

2~7日