セレウス菌


 菌の特徴

土壌・塵埃、汚水など自然界に広く分布し、ヒトの腸管内にも保菌されており穀物などの食品から高率に検出される。また耐熱性の芽胞を形成するため、煮沸などの加熱によっても完全に死滅させることが困難である。食中毒は、感染型食中毒と毒素型食中毒がある。

 検査対象食品

食品衛生法の微生物規格基準と衛生規範の指導基準値が定められている検査対象食品はありませんが、チャーハン、焼き飯、ピラフ、弁当類からの検出が報告されています。

 所要日数

2~7日