腸球菌


 菌の特徴

ヒトおよび動物の腸管内に高い割合で存在し、自然界では増殖せず、土壌や水などにおける分布が大腸菌群に比べてはるかに少ない。また食品の製造過程で加熱、冷凍された場合、大腸菌群のように容易に損傷や死滅しない特徴がある。

 検査対象食品

食品衛生法の微生物規格基準で定められている検査対象食品は、清涼飲料水(ミネラルウォーター類・未殺菌(CO2圧98kPa(20℃)未満)があります。

 所要日数

4~10日