サルモネラ


 菌の特徴

ウシ、ブタ,トリなどの各種の家畜や家禽をはじめ、カメやカエルなどの腸内等、自然界に広く分布している。サルモネラによる食中毒はサルモネラに汚染された魚介類などの食品を摂取し、腸管内で増殖することによって起こる感染型食中毒である。

 検査対象食品

食品衛生法の微生物規格で規格基準が定められている検査対象食品は、食肉製品(非加熱食肉製品・特定加熱食肉製品・加熱食肉製品(加熱殺菌後包装))・殺菌液卵(鶏卵)があります。また、牛肉・鶏肉・豚肉、鶏卵加工食品などの検査も推奨致します。

 所要日数

4~7日