大腸菌群


 菌の特徴

人や動物の糞便汚染ばかりではなく、自然界からの汚染も考えられ、環境衛生管理上の汚染指標菌または食品の品質を評価する衛生指標菌と考えられる。加熱処理された食品から大腸菌群が検出された場合には、不完全な加熱処理や加熱後の二次汚染など取り扱いの悪さを示す。また、未加熱食品から少量だけ検出された場合には、衛生学的にはあまり意味がなく、菌量が多ければ不潔な取り扱いを受けたことが推測される。

 検査対象食品

食品衛生法の微生物規格で定められている検査対象食品は、魚肉ねり製品・冷凍食品(生食用冷凍鮮魚介類)・アイスクリーム類・加熱食肉製品(包装後加熱殺菌)などがあります。衛生規範の指導基準値が定められている食品は、洋生菓子(生鮮果実部を除く)・ゆでめんがあります。

 所要日数

2~7日