空中浮遊微生物検査

 落下菌検査

落下菌検査とは一定時間開放した一定面積の寒天平板上に空中浮遊微生物を自然に落下させ、培養後発育した集落を測定し、汚染の度合いを確認する検査です。
汚染が高い場合は、衛生対策をたて改善する必要があります。評価基準は衛生規範の基準や衛生試験法・注解の基準に設定されています。

 衛生規範の基準 落下菌数

スタンプ法は、スタンプ時の操作がしやすいように工夫した生培地でその培地を物体表面に直接接触させて表面付着微生物を移し取り捕捉する方法です。

空中浮遊微生物検査